親のしつけに思わず笑みがこぼれた瞬間!

先日友達とウォーキングをしていた時のことです。
ご家族連れの横を追い越しざまに、お子さんのサッカーボールが私の足に転がってきました。
一瞬「おっと!」とつまづきそうになりましたが、別に気にしていなかったので、
そのまま友達と歩いて通り過ぎました。
段々そのご家族と距離が広がっていこうとしていたその時、
お父さんが子供に声をかけたのが耳に入りました。
「人にボールが当たったんだから、ちゃんと謝りなさい!」と。
その言葉を気にしながらも、私は前を歩き進みました。
しばらくして、後ろから「か細い声」が聞こえました「ごめんなさい・・」。
少し先を歩いていたので、聞こえていなくてもおかしくない距離でした。
でも、そのお父さんのしつけと、教えの通りに謝ることを声に出した子供の気持ちがとても良く分かったので、
後ろを振り向き、笑顔とお辞儀で子供に答えました。
その子供も私の笑顔を見て、安堵の表情を浮かべていたのがとても印象的でした。
今回のようなことは、誰もができることのようで、意外とできないことなのですよね。
昔まだ娘が小さい時に、ビルの屋上でフライドポテトを食べていたことがあったのです。
その時に、知らない子供が来て、娘のポテトを取って食べてしまったことがありました。

子供のやることだから、全然怒る気はなかったのですが、その時の親の態度が最悪でした。
自分の子供が見ず知らずの子供のポテトを食べたのに、「あー、食べてる!!」と大笑い。
もちろん謝罪の一言もありませんでした。ブリアン歯磨き粉の口コミ
私と主人も嫌だと思いながらも、飽きれて物も言えず無視していたのです。
そうしたら、そこにいた中年男性の方がこの状況も見ていたらしく、
ポテトを取って食べた子供の親に「笑っている場合じゃないだろう!」と叱責!
その男性のお蔭で、正直スッキリしました!
今回きちんと謝罪できた子供とそのお父様に、本当に温かい気持ちにさせて頂きました。
私も子の親として、最低限の常識とモラルを持って、子供と接していきたいと思います。